SOLUTIONすまいの解決事例

この夏の節電対策、お役立ちグッズ

  • 今年の夏こそなんとか節電にチャレンジしたい
  • 猛暑予想の今年の夏、なんとか 涼しくしたいな
  • 夏にできる省エネ対策って何?
  • お部屋を1度でも涼しくしたい
  • 自分でできるかぎりの節電をしたい

自分でできる省エネ・暑さ対策は、まず「窓」から始めましょう!

夏は窓からの「熱」の侵入が7割といわれています

夏は窓からの熱の侵入が7割
冬は窓から外へ逃げる熱が5割もあるといわれています。

つ・ま・り、窓ガラスから入る熱を少しでも断熱すると節電に効果的ということです。

まずは、窓ガラスから入る日射熱を防いで、今年の夏の省エネ対策を行ってみませんか。

室内に入っている日射熱が減ると、室内の温度上昇を抑えることができるようになります。
室内のエアコン・クーラー・空調設備・冷房の効きが良くなるので、節電しながら安定した涼しさで快適に過ごせます。

setuden02.jpgsetuden03.jpg


断熱・遮熱フィルムは、窓ガラスに貼る事でガラスから侵入する日射熱を反射・吸収し、窓際の温度上昇を抑えます。
冷房効率が上がり、省エネ=節電につながります。

自分でできる省エネ・暑さ対策は、まず窓からはじめましょう

setuden_top.jpg

電気代を節約するために、今からでもできます。
setuden01.jpg窓から入る熱を防ぐために
「窓フィルム」+「カーテン」でWで昼間の日差し遮りましょう。

一度熱くなってしまった部屋の温度は、夜になってもなかなか冷やすことはできません。

照りつける日射しがなくなるとはいえ、昼間に温まった、室温・床・壁・天井の表面温度からの輻射熱で体感温度が上がるためです。

日中、ご不在でも窓ガラスに「窓フィルム」を貼る、厚いカーテンを閉め室内の温度を上げないようにしておきましょう。

庭やベランダに「打ち水」、屋根に水を撒くのもひとつのアイデアです。

日中に熱をたくさん帯びた庭やベランダも夜になってもなかなか温度が下がりません。
温度が高いままですと、屋外から室内に熱が伝わります。
夜になり外気はある程度涼しくなったのに、いつまで経っても室内は暑いまま、ということに。
そこで、ホースなどを使って「夕方」に散水し、お家の周りの温度を下げておくと幾分、夜がしのぎやすくなります。

ミニサンプル無料送付受付中!

カタログ送付/サンプル送付/商品直接購入希望/販売店様 お問い合わせなどはこちらから

TEL. 03-6231-6125 / 営業時間. 月曜〜金曜 9:00〜17:00